リンクリスト
QLOOKアクセス解析
 
浮島小学校の概要(平成31年度)
 所在地 〒300-0641  茨城県
稲敷市浮島3650番地
電話 029-894-6533
FAX 029-894-6081
ukishima-ps @ city.inashiki.lg.jp
 児童数 62名
 職員数 18名
 目指す
 児童の姿
 ○進んで学習し工夫する子
 ○礼儀正しく思いやりのある子
 ○じょうぶな体でやりぬく子
 目指す
 学校の姿
 ○明るく楽しい学校
 ○活力ある学校
 ○美しく潤いのある学校
 ○地域とともにある学校
 
浮島小学校 校歌 と その制定までのエピソード
 現在の浮島小学校の校歌にまつわるエピソード
 (「浮小の歩み」来栖喜好編著,平成4年からの引用他)
  
   現在の校歌は,昭和50年7月7日に制定されました。作詞は昭和46年度から昭和48年度まで,浮島小学校長として在職された故武田武夫氏によるものです。氏はその後,奥野小学校長,県南教育事務所管理主事,竜ケ崎小学校長等を歴任されました。
   当初,歌詞は二つありました。一つは「松のみどりを 見晴るかし ・・・・・・」で始まる今の校歌,もう一つは「東の空からぽっかりと 赤いお日さま 顔出して・・・・・・」という童謡のような歌詞の校歌です。この二つの歌詞を,昭和47年度の6年生に比較して考えてもらったところ,「後者は子どもっぽい,少し,難しいくらいでないと校歌らしくない」との全員一致の意見で,今の校歌に決まったのだそうです。
  旧桜川村の郷土史家である故浜田作衛氏によれば,氏が小学生のころは,「鉄道唱歌」(汽笛いっせい新橋を・・・・・)のメロディーを借用した「浮島学校」の校歌があったそうです。
  現在の校歌の作曲は,当時,茨城大学教育学部に在学中の村上恵氏です。茨城大学の混声合唱団が,浮島中央公民館で合宿をしたことがあるそうです。その合宿最後の日に,浮島小学校を訪れ,演奏を披露してくれました。その時,校歌がないことが話題となり,作曲することになりました。昭和50年6月ごろ曲が仕上がり,昭和57年7月7日に制定となりました。(村上恵氏は,その後,東村立東中学校に新規採用)
  作曲中最も苦心したところは,「・・・・・陽はのぼる~」の小節のメロディーだったのだそうです。
  (ピアノで弾いてみると,確かにここがちょっとむずかしい,でも力強く盛り上がるところで大好きです。)

  すばらしい校歌をありがとうございました。
21世紀になった今でも,子どもたちは大きな声で,元気いっぱい歌っています。

 
本サイトは稲敷市立浮島小学校によって運営されています。 Ukishima Elementary School 2011 All Rights Reserved.